【保存版】『ひきこもり先生』ロケ地&撮影場所まとめ。中学校やアパート、公園、橋など

引きこもり先生のロケ地
  • URLをコピーしました!

2021年6月12日から7月10日までNHK総合の土曜ドラマ枠で放送された『ひきこもり先生』。深く考えさせられるストーリーと佐藤二朗の熱演が話題となり、2022年12月にはシーズン2が放送されることになりましたね。

そこで今回は『ひきこもり先生』シーズン1、シーズン2ロケ地23か所を紹介していきます。

<更新履歴>
2022.12.19:シーズン2前編(12月17日放送分)のロケ地を追加しました。

2022.12.24:シーズン2後編(12月24日放送分)のロケ地を追加しました。

<『ひきこもり先生』の動画をアマゾンプライムビデオで配信中↓↓>
【30日無料お試し】アマゾンプライムビデオはこちら

「ひきこもり先生」を視聴するにはアマゾンプライムビデオ内でNHKオンデマンド(990円/月額)の契約が別途必要です!
※配信情報は2022年12月時点の情報です。最新の配信状況はアマゾンプライムビデオでご確認ください。

<こんな記事も読まれています>
【佐藤二朗×伊東蒼】映画「さがす」ロケ地まとめ34選!大阪の西成や香川県の男木島、静岡県の御殿場など

目次

『ひきこもり先生』メイン舞台のロケ地&撮影場所まとめ

まずはメイン舞台のロケ地から見ていきます。

①【メイン舞台】たちかわ創造舎(東京都立川市)

たちかわ創造舎
たちかわ創造舎

東京都立川市にあるたちかわ創造舎は、廃校になった旧多摩川小学校の校舎を利用したコミュニティセンターで、映画やドラマの学校シーンのロケ地としても活用されています。

「ひきこもり先生」のメイン舞台となった川藤市立梅谷中学校のシーンは、第1シーズン、第2シーズンともに、このたちかわ創造舎が撮影地になりました。

ひきこもり先生
ひきこもり先生の教室シーン

ドラマ内では中学校の教室や廊下、屋上、花壇などさまざまなシーンがたちかわ創造舎で撮影されました。

たちかわ創造舎の多摩川川の入り口
たちかわ創造舎の多摩川川の入り口

また、たちかわ創造舎の多摩川側の入口は、梅谷中学校の校門シーンとして全話にわたって登場しています↓↓

川藤市立梅谷中学校の校門
川藤市立梅谷中学校の校門

「ひきこもり先生」の最重要ロケ地と言っても差し支えないでしょう。

名称たちかわ創造舎
住所東京都立川市富士見町6-46-1
(多摩都市モノレール柴崎体育館駅から徒歩15分)




よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次