映画『ごっこ』ロケ地!前橋の商店街と遊園地の撮影場所、キャスト、あらすじ!【千原ジュニア主演】

ごっこ

2018年10月20日(土)公開の映画『ごっこ』。小路啓之の漫画を原作とした実写映画で、千原ジュニアや優香、清水富美加(千眼美子)らが出演することで注目されています。そこで今回は実写映画『ごっこ』の舞台となる群馬県前橋市の商店街のロケ地や、埼玉県加須市にある遊園地の撮影場所、キャストやあらすじ、物語の原作について紹介していきます。

実写映画『ごっこ』のあらすじ&原作

あらすじ

大阪の寂れた帽子店には、40歳目前にも関わらずニートの城宮と、5歳児・ヨヨ子が仲睦まじく暮らしていた。実はこの2人、他人に知られてはいけない秘密を抱えた親子。10数年ぶりに城宮が実家に戻ったことを知った幼馴染みで警察官のマチは、突如現れたヨヨ子に疑いの目を向ける。やがて、城宮とヨヨ子の“ごっこ生活”のような不安定な暮らしは、衝撃の事実によって突然崩壊してしまう。(映画.comから引用)

原作は小路啓之の漫画

ムビくん

愛と笑い溢れたコメディー作品でありながら、親子の関係について考えさせられるメッセージ性の強い作品と評判です。今回の実写映画化を機に、一度は読んでおきたいものですね。

 

実写映画『ごっこ』のキャスト&スタッフ情報

キャスト

城宮(パパやん)/千原ジュニア

大阪の寂れた帽子店に住む0歳目前でニート。

ヨヨ子/平尾菜々花

城宮の娘。5歳。

マチ/優香

城宮の幼馴染みで警察官。

ちすん

清水富美加(千眼美子)

秋野太作

中野英雄

石橋蓮司

スタッフ&公開日情報

公開日/2018年10月20日(土)

監督/熊澤尚人

代表作に映画『TOKYO NOIR トウキョーノワール〜Birthday〜』、『君に届け』、『近キョリ恋愛』、『心が叫びたがってるんだ。』、『ユリゴコロ』など

脚本/熊澤尚人、高橋泉

高橋泉の代表作に映画『100回泣くこと』、『ズタボロ』、『ミュージアム』、『坂道のアポロン』、ドラマ『プリンセスメゾン』、『わにとかげぎす』など

主題歌/indigo la End「ほころびごっこ」

 

スポンサードリンク

実写映画『ごっこ』のロケ地&撮影場所まとめ

ムビくん

『ごっこ』は2015年10月から2016年1月頃まで撮影が行われました。

舞台となる城宮帽子店がある商店街は群馬県前橋市の前橋弁天通り商店街

前橋弁天通り商店街,かなものセンターキントキ

群馬県前橋市千代田町にある前橋弁天通り商店街。レトロな雰囲気の漂う商店街として知られています。パパやんとヨヨ子が住む城宮帽子店は前橋弁天通り商店街のかなものセンターキントキの横にある空き店舗(住所としてはキントキ金物店)がロケ地になったことがわかっています。

実際、2015年10月下旬にここで千原ジュニアや優香らが撮影をしていたという目撃情報が相次ぎました。

弁天通り商店街は上毛線中央前橋駅から徒歩10分ほどの場所にあります。

キントキ金物店の住所:

キントキ金物店

▶Google Mapで見る

 

遊園地のシーンは埼玉県加須市にある緑の中のファミリーランド むさしの村

むさしの村

埼玉県加須市にある緑の中のファミリーランド むさしの村。遊園地やプール、牧場などの施設があり、農業体験などもできるようです。ここは劇中に登場する遊園地シーンのロケ地になりました。

2016年1月に千原ジュニアらがロケをしていたという目撃情報があります。

潰れた遊園地のシーンということですが、カバー写真にある「わんぱくランド」という名前かもしれません。

むさしの村は東武伊勢崎線南羽生駅から車で20分ほどの場所です。

緑の中のファミリーランド むさしの村の住所:

むさしの村

▶Google Mapで見る

まとめ

  • 映画『ごっこ』は2018年10月20日(土)から東京・渋谷ユーロスペースほか全国で順次公開予定
  • 2015年10月から2016年1月まで撮影が行われた
  • 主なロケ地は群馬県前橋市の前橋弁天通り商店街と埼玉県加須市のむさしの村 など

ムビくん

当初は2017年公開予定でしたが一度延期になり、お蔵入りの可能性も指摘された中、ようやく公開が決まりましたよね。ぜひ劇場で観てみたい作品です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。