実写映画『ザ・ファブル』ロケ地&撮影場所、キャスト、あらすじ!【岡田准一主演】

ザ・ファブル

2019年公開の映画『ザ・ファブル』。南勝久の人気コミックを原作とした実写化作品で、岡田准一、木村文乃、山本美月、佐藤浩市、福士蒼汰、柳楽優弥、向井理、安田顕ら超豪華キャストが出演することで話題になっています。

そこで今回は実写映画『ザ・ファブル』の舞台となる撮影場所のロケ地、キャストやあらすじ、物語の原作について紹介していきます。

実写映画『ザ・ファブル』のあらすじ&原作

あらすじ

ザ・ファブル

狙った獲物を8秒以内で仕留める天才的な殺し屋として裏社会で恐れられる殺し屋「ファブル」を主人公にした作品だ。育ての親であるボスから「1年間殺し屋を休業して普通の人間として生活すること」をミッションとして与えられたファブルが、佐藤アキラという偽名を使い、相棒のヨウコと兄妹という設定で大阪で暮らしはじめる。(CINRA.NETから引用)

原作は南勝久の人気漫画

ムビくん

原作「ザ・ファブル」は第41回講談社漫画賞一般部門を受賞した『ヤングマガジン』で連載中の人気コミックです。今回の実写映画化を機に、一度は読んでおきたいものですね。

 

実写映画『ザ・ファブル』のキャスト&スタッフ情報

キャスト

ファブル(アキラ)/岡田准一

とある事情から一般人として大阪で過ごすことになった、天才的な殺し屋。次々と暴漢たちに襲われる。

ヨウコ/木村文乃

ファブルの相棒。楽天的でお酒大好き。

ボス/佐藤浩市

ファブルを幼い頃から指導し、プロの殺し屋に育てあげる。

ミサキ/山本美月

ファブルが大阪で出会う初めての一般人女性。暴漢に襲われたアキラを介抱する。

海老原/安田顕

ファブルの世話人。

小島/柳楽優弥

海老原の弟分。刑務所から出所してミサキを追い詰める。

砂川/向井理

海老原と敵対する。

フード/福士蒼汰

殺し屋。砂川に雇われファブルを倒して名を上げようとする。

スタッフ&公開日情報

公開日/2019年

監督/江口カン

代表作にドラマ『真田丸』、映画『ガチ☆星』など

脚本/渡辺雄介

代表作にドラマ『探偵学園Q』、『ブラッディ・マンデイ』、『神の雫』、『逃亡弁護士』、『ST 警視庁科学特捜班』、『レンタル救世主』、『dele』、映画『20世紀少年』、『GANTZ』、『ジョーカー・ゲーム』、『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』など

 

スポンサードリンク

実写映画『ザ・ファブル』ロケ地&撮影場所まとめ

ムビくん

『ザ・ファブル』は2018年6月13日から8月中旬まで撮影が行われました。ただ、出演者が豪華な割には目撃情報があまり多くありませんでした。スタジオセット撮影や室内施設での撮影が多いのかもしれませんね。

蒲田の柳橋

蒲田の柳橋

蒲田エリアを流れる呑川にかかる柳橋。京急蒲田駅西口から徒歩数分の場所にあります。6月29日にここで岡田准一と山本美月らが『ザ・ファブル』の撮影をしていたという目撃情報がありました。

柳橋の住所:東京都大田区蒲田3-9-14

蒲田の柳橋

▶Google Mapで見る

賀蘇山神社

栃木県鹿沼市にある賀蘇山神社。群馬県境に近い山奥にあります。8月9日にここで岡田准一がロケをしていたという目撃情報がありました。

賀蘇山神社の住所:

賀蘇山神社

▶Google Mapで見る

具体的な場所は不明ですが、神奈川県横浜市の南部で岡田准一の目撃情報がありました。

横浜市の南部なので、金沢文庫や港南台あたりでしょうか。こちらは判明したら更新します。

ムビくん

まだまだ目撃情報のロケ地は少ないですが、これから場面カットや特報、予告編、本編の公開で次第にロケ地が明らかになっていくでしょう。

新たな撮影場所が判明したら更新します。

まとめ

  • 『ザ・ファブル』の原作は南勝久の人気コミック。『ヤングマガジン』で連載中。
  • 映画の公開は2019年
  • 撮影時期は2018年6月から8月まで

ムビくん

岡田准一主演の映画は大作になることが多いだけでなく、キャストが豪華すぎますよね。2019年最注目映画の一つと言えるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。